審査の甘いおすすめのカードローンは?

審査の甘いおすすめのカードローンは?

こんにちは。ワンズ・ベスト スタッフの北爪です。
今回は、「審査の甘いおすすめのカードローンは?」について書きたいと思います。

この間、久々に前にいた会社の年下の同僚と飲む機会があり、いつも愛用していた昔ながらの私のおすすめの
焼き鳥屋さんで砂肝と手羽先をつまみに、お互いの近況報告をしながら酒を酌み交わしていました。
彼は、口が上手く、非常に成績のいい営業マンです。
度々どのようにトークを展開していくかを私が前の会社に勤めていた時は、お互い熱く語ったものでした。
その彼が、「お金に困っているんです。」と切り出してきました。
ギクッ!としました。
お金の切れ目は縁の切れ目じゃないですが、嫌な予感がしました。
人間関係は、お金でしばしばおかしくなるものです。
「俺もお金ないよ」と返し、他の話題にスライドさせ、事無きを得ました。
彼は、金回りはいいのですが、まだ30歳になったばかりで実家暮らしの独身なので、お金が自由に使えるせいか、飲み代、競艇、パチンコなどのギャンブル、多ジャンルの女性のいるお店などに使っていたのを知っていました。
私も20、30代の頃は、随分と無駄遣いをしましたので、その気持ちは、よ〜くわかります。
彼の仕事はフルコミッションの営業マンで、収入は平均して高めですが、不安定です。
そのくせ金遣いが荒いのです。
私は、彼の上司でも保護者でもないので、「お前、金の使い方気をつけろよ!甘いよ!」なんて言う義理はないですが、心配になりました。
このような状況の場合、私がしてあげられる事は、冷たいようですが、お金を貸してあげることではありません。
金融サービスを“上手く”利用して解決してもらう事が最良の策であると、思います。
しかし彼は、信用度が低く、とても銀行から融資を受ける事などできません。世の中そんなに甘くありません。
ですので、彼に教えた方法を今回のテーマにしようと思い、お話ししていこうと思います。
題して、「審査の甘いおすすめのカードローンは?」です。
ま、その前に彼には、前回の記事「上手にお金を貯める方法とコツは?」の内容もお伝えしましたが・・・




お金は素晴らしい文明の利器です。
ただ、お金というものは、扱いを間違えると、恐ろしい事になります。
「貧すれば、鈍する」と申します。
お金に困ると、どんなに賢い人でも冷静な判断を失う、という意味の格言です。
私は、ギャンブルの類は一切やらないのですが、そのような状態の時に、「無審査、軍資金即御融資!」なんて甘い言葉の張り紙をパチンコで負けた直後に目にしたら、人によっては、多少なりとも気持ちは揺らぐのではないでしょうか?
そう言った売り込みをするのは、完全にヤミ金業者です。ハマったら大変です。
映画やテレビドラマにもなった漫画「闇金ウシジマくん」じゃないですが、法外な金利と執拗な取立てが待っています。
そういう注意も兼ねて審査の甘いおすすめのカードローンは芥川龍之介の「蜘蛛の糸」ではありませんが、信用低いけどお金が必要としている人には“救いの蜘蛛の糸”かもしれませんね。
ここでもう一つ注意です。
意外と知られていませんが、銀行と銀行系は、違う、ということです。
貸金業者には、闇金を除けば、銀行とノンバンクがあります。
ノンバンクとは、消費者金融のことです。
消費者金融には“総量規制”という貸金業法の規制があります。
どういう規制か、と言いますと、借り手の年収の3分の1以上は、貸してはいけない、というものです。
しかもすべてのノンバンクの借金の総額です。
どうしてか?
それは、以前ベストセラーとなった「下流喰い」という著書を通じて消費者金融が客を食いものにした様が世間にも知れ渡り、政府も重い腰を上げ規制を設けた経緯があります。
以前は、貸金業の規制はなく、消費者金融のやりたい放題でした。
10数年前迄、ゴールデンタイムのCMは、アコム、アイフル、プロミス、武富士、ディック、などなど、派手なCMは、決まって消費者金融のもので、「またかよー。ほんと、儲かってまんなぁ〜」と、気にかけていましたが、グレーゾーン金利に対する規制により、消費者金融の天下に大きなかげり見られました。今と比べると、消費者金融にとっては、”甘い”世の中っだったようです。
そうはいっても、ついこの間、渋谷駅構内にデカデカと有名な女優さんがイメージキャラの「は・じ・め・て・のア○ム〜♪」の広告が飾られていました。
銀行系の消費者金融は、相変わらず「銀行系」の印籠は、強いなぁ、と思いました。
銀行系というのは、銀行ではなく、ノンバンクです。
銀行から資金を調達でき、しかも消費者からは、「メガバンクの後ろ盾があるなんて安心〜だから、おすすめ!」となるわけです。
銀行が消費者金融に低利(おそらく2%以下でしょう)で資金を得、それを15〜18%で消費者に貸し出しますので、単純に銀行から2%貸し出してもらっているとしたら、13〜16%が粗利となるわけです。
そりゃあれだけ派手に広告費に充てられるほど儲かりますよね?
銀行にもメリットがあります。
銀行は、預金者のお金を融資という形で企業や個人に貸し出して、その利ざやで利益を得ます。
しかし、不況のせいか、なかなか企業も個人も借りてくれません。銀行にとって、甘くない時代です。
やっと融資先が見つかっても、かなりの低利で貸すこととなり、銀行側としても経営に苦戦しているのが現状です。
消費者金融(ノンバンク)を味方につければ、安定的な融資先がいてくれることとなる上、面倒で、コストのかかる回収作業もしなくていい、というメリットがあります。銀行側、消費者金融側、どちらにとってもおすすめの戦略のようですね。
では、カードローンとはそもそも何かと言いますと、カードローンとは、個人向けの無担保融資のことです。
銀行発行のものとノンバンクのものが有り、銀行のものは、比較的低利で、借入限度額が大きい反面、審査は甘くない傾向にあり、ノンバンクのものは、審査は甘いのですが、金利はその分高めに設定されている、と思われがちですが、最近はそうとも言い切れないようです。あくまでも”比較的”ということです。
金融機関によってですが、銀行のカードローンの部門だけノンバンクに審査を任せるところもあり、「え?銀行なのに審査、通った!審査、甘いじゃん」ということが少なからずあります。
それと、意外と侮れないのが、利用者のおすすめと口コミ欄を参考とすることです。
どの点に注視するか、というと、自分と近い人間がおすすめしているか?という点です。
あなたが40代自営業者の男性で、500万円の年収なら、そういった人の口コミを探し、その人が審査に通っているのなら、勝算がある、あなたにとっておすすめだ!いうことです。
各社銀行のカードローンを調べ、比較検証してみてから実際に申し込んでみてください。
それと、金融機関の審査基準は、非公開で、一般的には開示されていませんが、審査に落ちやすい人の特徴はお知らせできますので、以下、参考にしてみてください。
⒈信用情報に傷がある→過去、返済して時に延滞、滞納がなかったかどうかや自己破産をしていないか
⒉年収が100万円以下
⒊勤続年数、居住年数が短い
⒋他社借入が多い
です。
もし、この4項目をクリアできていなければ、審査の甘いおすすめカードローンといえども、非常に厳しいです。申し込む側が甘いかもしれません。
これらの項目をクリアしている前提で、本題へ参ります。
一番おすすめは、即日融資可能なカードローンです。
これも各社様々あり、A社がダメでも、B社は通った、意外と審査甘いじゃん♪なんてことはざらにありますから、その中でご自分に合ったものを選んでください。




まず、銀行の審査の甘いおすすめのカードローンです。

1位 三井住友カードローン
メリット、デメリット、どんな人向けか、の順でお伝えしてまいります。
<メリット>
1.低金利・・・消費者金融のカードローン(最高金利18%)と比べるとかなり低金利です。この点は、おすすめです。
2.即日融資可・・・電話で申し込み、ローン契約機ですぐに借入が可能です。
3.手数料無料で使えるATMが多い・・・三井住友銀行はもちろん、セブン、ファミマ、ローソンなどのコンビニでも手数料が無料です。
多くの消費者金融が手数料として108〜216円を徴収しています。利息も払い手数料も払うとなると、バカになりません。
手数料がかからないのは嬉しいことです、メガバンクならではのおすすめポイントですね。



<デメリット>
1.口座がないと利用できないサービがス多い(以下、4項目)
・口座引き落としでの返済
・ホームページ上での利用状況の確認サービス
・自動融資(残高が足りなかった場合の自動借入サービス)
・インターネットバンキング
2.返済方法が限られている・・・三井住友銀行の口座がない場合、返済方法は、振込に限られます。
口座があれば、引き落とし出来ますが、インターネットバンキングによる返済はできません。
3.振込キャッシングサービスなし
指定口座に借入れ額を振り込んでくれる「振込キャッシングサービス」がありません。
借入れは、ATMか、インターネトバンキングのみ。
しかも、インターネットバンキングは、三井住友銀行の口座がないと使えません。
<どんな人向け?>
・三井住友銀行の口座を持っている・・・口座がないと使えない便利なサービスが多く、すでに口座を持っていることをおすすめします。
・主にATMを利用する・・・三井住友銀行カードローンは、提携ATMが多いので、ATMを頻繁に利用する方にはおすすめです。



2位 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
日本一のメガバンク、三菱東京UFJ銀行のカードローンサービス「三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック」。
テレビCMでもお馴染みですね。
<メリット>
1.銀行なのに即日融資可。・・・銀行支店のテレビ窓口で申し込み、カード発行され、ATMからすぐに借入れができます。
なんと、その時間、最短40分。ちなみにテレビ窓口の営業時間は、平日9〜20時、土曜・祝日10〜18時、日曜10〜17時です。
2.消費者金融より低利・・・三菱東京UFJ銀行カードローンの金利は、4.6〜14.6%です。
三井住友銀行カードローン同様“比較的”低利です。この点、おすすめです。
主婦は、最大30万円、学生は、親権者の同意が必要で、最大10万円で、年金生活者の方は、収入が年金のみの方に限られます。こういう甘くないポイントもありますので、ご注意を。
3.口座開設の必要なし・・・口座を持っていなくても申し込めるので、時短になり、しかも、その後、口座開設を求められることはありません。
4.ATMの手数料は無料・・・借入れ、返済時にATMを利用できますが、手数料は、すべて無料です。
ATMは、三菱東京UFJ 銀行ATMのほか、線分銀行、ローソン、E-netも利用可能です。
<デメリット>
1.口座持ってないと不便・・・口座がないと、借入れの際の振込融資、返済の際の口座振替がATMに限られてしまいます。
インターネットバンキングによる返済時の振込も出来ません。
2.テレビ窓口に行かないと即日融資できず・・・三菱東京UFJ銀行カードローンの申し込みは、「テレビ窓口へ行き」「運転免許証を持参する」ことが条件となります。
他社ローンでは、自宅にいながら手続きでき、即日融資も可能なサービスもありますので、そういう意味では、不便ですね。
<どんな人向け?>
1.三菱東京UFJ銀行の口座を持っている人
初回を除いて、平日14時までに振込融資の依頼をすれば、当日中に振り込んでくれます。依頼は、電話やインターネットから利用できます。手数料無料。口座振替による返済、インターネットバンキングの返済も可能。こちらも手数料無料です。
2.今日中に融資してくれる銀行カードローンを探している人
低利な銀行カードローンを最短40分というスピードで利用できます。

3位 新生銀行カードローン レイク
レイクは、初回無利息期間があり、しかも最短40分で利用可能です。
しかも家にいながら、申し込み・契約・借入れ・返済のすべての手続きが出来ます。
レイクは、消費者金融でしたが、業務を新生銀行に譲渡したため、銀行のカードローンです。
ですので、借り手の年収の3分の1までしか融資できない総量規制の対象になりません。
利用条件は、満20歳〜70歳までです。安定した収入があれば、パート、アルバイト、自営業、学生、年金生活者、外国人(永住権を持つ)でも申し込みできます。
<メリット>
1.選べる2つの無利息期間サービス・・・レイクには、30日間無利息と180日間5万円分無利息の好きな方を選べるサービスがあります。
初期のみですが、どちらかの無利息サービスを利用できます。このサービスは、上手く活用することをおすすめします。
30日間の方は、限度額500万円の範囲で、30日以内ならば、無利息で融資を得ることができ、5万円分180日間無利息は、文字どおり借入額のうち5万円分は、180日間無利息で融資をうけられます。
どちらがお得かは、シュミレーションで比べることができます。
2.融資まで最短40分・・・これも前出の三井住友銀行と三菱東京UFJのカードローンと同じく業界最速です。
しかも、インターネットですべての手続きを完了させることができます。
3.提携ATMの手数料無料・・・新生銀行ATM、セブン銀行、ローソン、E-netが手数料無料で利用できます。
4.女性専用「レディースレイク」・・・女性スタッフが対応してくれます。
だからと言って女性が優遇される、審査が甘くなる、というわけではなく純粋に男性スタッフが苦手な女性向けのサービスです。
<デメリット>
1.銀行カードローンなのに金利が高い・・・金利は、4.5〜18.0%です。スピード融資で、無利息期間サービスがありますが、その分消費者金融並みの高い金利設定となっています。
2.専業主婦は利用できない・・・レディースレイクはあるのに専業主婦は自身もしくは、配偶者に安定収入があることが利用条件となります。
<どんな人向け?>
1.レイクが初めての人・・・初めての利用ですと、無利息期間サービスを受けることができますので、30日無利息か、180日無利息で、どちらがお得なのかをシュミレーションした上で申し込むことができます。このシュミレーション、借りる借りない関係なくおすすめのサービスです。
2.ホームページ上で手続きしたい人・・・すべての手続きがホームページ上で完結できます。
自動契約機やATMに出向くのが面倒な人には打って付けで、特にネットのヘビーユーザーには、おすすめです。
3.急いでいる人・・・自動契約機やATMに出向かず、平日14時までならば、審査、レイクからの必要書類の確認が終わっていれば、その日のうちに振込で融資してくれます。




以上が審査の甘いおすすめの銀行カードローンです。

続いてノンバンク(消費者金融)の審査の甘いおすすめのカードローンです。
1位 アコム
消費者金融といえば、この会社。2008年に三菱UFJフィナンシャルグループの子会社となりました。
カードローンの申し込み資格は、「20歳以上で安定した収入があること」。
<メリット>
1.初回のみ最大30日間無利息・・・「契約日の翌日から30日間無利息」なので、契約後すぐに借入れないと、無利息期間が減ってしまいますのでご注意を。この点は、意外と甘くないポイントです。
2.融資までのスピードが速い・・・最短1時間で融資を受けることができます。
・無人契約機(むじんくん)
・店頭窓口
・インターネット
・電話
いずれの方法でもスピード融資可能です。
<デメリット>
1.金利が高い・・・年利4.7〜18.0%なので、銀行のカードローンに比べると割高です。
2.総量規制の対象・・・アコムは消費者金融なので、年収の3分の1までしか借り入れることができません。
3.おまとめ、借り換えに不向き・・・金利が高いので、おまとめ、借り換えには不向きです。
<どんな人向け?>
1.アコムを初めて利用する・・・初回限定の30日間無利息サービスがあるので、30日以内に完済できれば、無利息で利用できます。
2.急いでいる人
・無人契約機(むじんくん)
・店頭窓口
・インターネット
・電話
いずれの方法でも最短1時間で融資を受けることができます。
3.家にいながらすべての手続きを済ませたい人におすすめ・・・申し込み、契約、借入れ、返済すべてホームページや電話で済ませることができます。

2位 モビット
モビットは、三井住友銀行グループの傘下にある消費者金融です。ただし、傘下と言っても銀行が運営しているわけではありませんので、総量規制の対象になります。満20歳〜69歳までの安定収入のある方でしたら誰でも申し込めます。ただし、収入のない専業主婦、年金収入以外ない年金生活者の申し込みはできません。
<メリット>
1.「WEB完結申し込み」・・・三井住友銀行もしくは、三菱東京UFJ銀行の普通口座を持っていて、社会保険証もしくは、組合保険証を持っていれば、申し込みから借入れまですべての手続きをホームページで済ませることができます。ただし、カードは発行されないためATMを利用することはできません。
2.簡易審査が10秒・・・ホームページやローン契約機から申し込み、顧客情報の入力が終わってから10秒で簡易審査を完了させてくれます。
本審査ではありませんが、目安がわかるので、ありがたいものです。
3.審査スピードも速い・・・本審査にかかる時間は、最短30分です。
しかも、急いでいる旨を伝えると早めに審査してくれる場合もあります。
4.即日融資可能・・・振込手続きを平日14時50分までに終わらせることができれば、その日のうちに指定口座に入金されます。
<デメリット>
1.金利高め・・・モビットの金利は、3~18.0%です。
銀行のカードローンと比べると高めです。
2.無利息期間なし・・・残念ながら、モビットは、人気の無利息サービスはありません。
3.総量規制の対象・・・年収の3分の1までしか借り入れることができません。
4.返済時に手数料がかかる・・・提携ATM、銀行振込で返済する際、手数料がかかります。
口座引き落としならば、手数料はかかりませんが、三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行の口座しか指定できません。
<どんな人向け?>
1.急いでいる人・・・本審査にかかる最短時間が30分で、即日融資にも対応しています。
2.在籍確認・電話・郵便物は困る!という人・・・モビットはホームページで完結申し込みができます。
ただし、三井住友銀行もしくは、三菱東京UFJ銀行の普通口座を持っていて、社会保険証もしくは、組合保険証を持っている場合です。

3位 プロミス
こちらもTVCM でよく見かける消費者金融ですね。
ちなみに「プロミス」はサービス名であって会社名ではありません。
正式な会社名は、「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」で、三井住友フィナンシャルグループの完全子会社となりました。
プロミスの利用条件は、「20~69歳の安定した収入のある方」で、職業、年収の制限もなく、パート、アルバイト、学生、主婦でも自身に安定した収入があれば、申し込むことができます。
<メリット>
1.30日間無利息・・・プロミスも消費者金融で人気のこのサービスを利用できます。
ただし初回のみです。
ただし、事前に以下の手続きを行う必要があります。
・明細をウェブ明細にする(紙の通知は届かず、明細はホームページで確認することとなります。)
・申し込みの際にメールアドレスを登録する
2.スピード融資・・・審査時間は、30分、融資は、最短1時間で受けることができます。
ホームページでも来店でも手続き可能です。
3.超速!振込キャッシング・・・契約後、プロミスの会員ページや電話で、振込キャッシングの依頼をすれば、最短10秒で指定口座に振込を受けることができます。この点は、おすすめポイントです。
さらに、三井住友銀行かジャパンネット銀行を指定口座にすれば、24時間いつでも振込してもらえます。
上記2行以外の指定口座だと平日14時50分までに依頼しないと、当日中の振込には間に合いませんので、念のため。
4.出不精に嬉しい。ウェブ完結サービス!
ただし、
・カードは発行されない
・自宅への郵便物なし
・借入れは、振込キャッシングで
・返済は口座振替
という条件がつきます。
なお、自動契約機に行けば、カードは発行されます。
<デメリット>
1.金利が高い・・・プロミスの金利は、4.5〜17.8%です。
一般的な銀行のカードローンと比べると高めの金利設定です。
ただ、短期の借入れならば、無利息期間もありますので、金利は、気にする必要はないですが。
2.総量規制の対象・・・借入額の総額が年収の3分のIとなりますので、借入れの際は、その点を考慮する必要があります。
3.おまとめローン向きではない・・・短期的に返済できるなら、利用価値はありますが、金利が高いので、おまとめには不向きです。
<どんな人向け?>
1.初めてプロミスを利用する人・・・30日間無利息サービスを利用できます。
短期で返済できるなら、オススメです。
2.急いでいる人・・・最短で1時間で融資が可能ですので、お急ぎならオススメです。
3.支店に出向くのを避けたい人・・・ウェブや電話、メールで基本的な手続きが出来ます。
4.勤務先に電話をかけて欲しくない人・・・社会保険証、給与明細、顔写真入りの社員証いずれかを提出すれば、在籍証明の書類として認めてもらえます。
ただし、場合によってなので、「必ず」電話による確認が勤務先に行かないとは限りません。この点は、甘くないですね。

上記の他にもカードローンの会社は沢山あります。
今までの記事を読んで、やはり事故歴あるとダメか・・・という方にも可能性があるカードローンをいくつかご紹介します。
まず、
レディスフタバ
創業50年のレディスキャッシングの最大手で、女性スタッフによる女性のためのローンです。
こちらは、過去に延滞や事故歴があっても可能性がありそうです。審査は、今までご紹介したカードローンと比べると甘いです。
今は真面目に働いているが、昔しくじってしまって・・・と以前に暗い過去?がある方は試してみる価値ありです。
融資額は10万円〜50万円と少額です。
その代わり、利率は高めの14.959%〜17.950%となっております。
返済は6年以内。
金額も少ないので保証人・担保もいりません。
事故歴あっても大丈夫?って闇金?と思われるかもしれませんが、創業50年の老舗で、東京都知事(1)第31502号 日本貸金業協会会員第000034号 東京商工会議所会員のきちんと登録された会社です。安心度という意味でもここは、おすすめです。



株式会社セントラル
こちらも審査通過率が高い会社で、事故歴があっても可能性がありそうです。
セントラルは四国では有名な街金業ですが、個人向けキャッシングに力を入れているようです。
融資額は1万円〜100万円
審査通過率は20万円〜30万円なら70〜75%の確率で審査が通るようです。
4人に3人は通る確率ですね。
レディスキャッシングもあるようで、こちらも女性スタッフ対応です。女性にとくにおすすめです。(融資額は同じ)
金利は4.80%〜18.00%と幅がありますね。
こちらの会社は、すべての方にというわけにはいきませんが、事故歴がある人に対しても再出発を応援してくれるようです。審査も甘い可能性あり。



まとめると、
⒈信用情報に傷がある→過去、返済して時に延滞、滞納がなかったかどうかや自己破産をしていないこと。(事故歴がある場合は上記2社でお試しを)
⒉年収が100万円以下でないこと。
⒊勤続年数、居住年数が短くないこと。
⒋他社借入れが多くないこと。
以上の4つの条件をクリアしているかどうか確認した上で、複数銀行のカードローンに申し込んでみて(金融機関によって審査基準は違うので)銀行の審査に落ちてしまうようならば、高金利ですが、審査が甘めの消費者金融のカードローンに申し込んでみる、という順番で融資を受けてみてください。そうされることがおすすめです。
ただし、多くの消費者金融は、初回のみ無利息期間のサービスもありますので、賢く利用してみてはいかがでしょうか?
もちろん、収入の範囲内で生活をするという、基本的な金銭感覚を心がけた上で、お伝えした審査の甘いおすすめのカードローンを探してくださいね。
くれぐれも「ご利用は、計画的に♪」お願いします。
というわけで、今回は、「審査の甘いおすすめのカードローンは?」でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 産後クライシスとは?なりやすい人はいつまで続く? こんにちは。ワンズ・ベスト スタッフの北爪です。…
  2. こんにちは。ワンズベスト スタッフの北爪です。 今回は、「老後に必要なお金の金額は?(夫婦&独…
  3. 50代からの節約生活 ワンズ・ベストの川田です。 今日は、50代からの節約生活について。昔…

人気記事

  1. 20代・30代で癌になる確率と原因は? こんにちは!ワンズ・ベスト スタッフの北爪です。 今…
  2. 見た目体重を減らすダイエット方法は? こんにちは!ワンズ・ベスト スタッフの北爪です。 今回のテ…

免責事項

当サイト上に掲載されいる情報の内容については万全を期しておりますが、これらの情報によって万が一いかなる障害が生じた場合も、当社および情報提供者としては一切の責任を負いかねますのでご了承の上、ご利用いただきますようお願い申し上げます。

運営会社


有限会社ワンズ・ベスト

お問い合わせ
Tel:0276-55-8800
Mail:info@onesbest.biz
ページ上部へ戻る